農作物共済

加入できる作物

水稲・麦

加入資格

当然加入
水稲25a以上または麦10a以上耕作している場合
任意加入
水稲・麦の耕作面積が上記以外の方は申出により加入又は停止の選択ができます。
(10a未満は加入できません)

対象となる災害

風水害、干害、湿害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。
(栽培管理の不良などによる減収は災害とは見なされず、分割評価されます)

補償期間(責任期間)

本田移植期(又は発芽期)から収穫期までです。なお、収穫期とは、それぞれのほ場から収穫物を適期に刈り取りほ場から搬出するときまでで、通常のほ場乾燥期間を含みます。

引受方式

引受方式引受単位補償内容
一筆方式
(水稲・麦)
耕地ごと一筆(耕地)ごとの減収(基準収穫量の3割を超える減収分から)に応じて共済金を支払います。
災害収入共済方式(麦)農家ごと当年の出荷量(品質低下による減収換算後)が基準収穫量以下となり、麦種ごとの生産金額が基準生産金額の9割以下となった場合に、減収に応じて共済金を支払います。(JA等の過去5年間の全量出荷データが必要)
品質方式(水稲)麦の災害収入方式と同じ、ただし品種ごとではありません。

共済金額(補償額)

※一筆方式7割補償(基本方式)の場合
1kg当たり米価(麦価)にその筆ごとの基準収穫量の7割(引受収量)を剰じて算出します。
共済金額=1kg当たり米価(麦価)×(基準収穫量×7割)
(基準収穫量は地力等級等に応じて決められた耕地ごとの10アール当たりの収穫量に面積をかけたものです)

共済掛金

水稲は掛金の5割を国が負担します。
麦は掛金の5割以上を国が負担します。
農家掛金=(共済掛金-国庫負担額)+事務費賦課金
(共済掛金=共済金額×共済掛金率)
(国庫負担額=共済掛金×国庫負担割合)
(共済掛金率は組合等によって異なり、3年ごとに改定されます)
(事務費賦課金とは、農作物事業を行うために必要とする事務費の一部を加入者に負担していただく金額です)

共済金の支払い(一筆方式の場合)

一筆ごとに基準収穫量の3割を超える被害が生じたときに共済金が支払われます。
支払共済金=1kg当たり米価(麦価)×共済減収量
(共済減収量=基準収穫量×70%-見込収穫量)

ページ上部へ戻る