畑作物共済

加入できる作物

大豆

加入資格

白大豆・黒大豆ごとに作付面積が5a以上の農家が対象で全ほ場の加入が条件です。一筆方式、半相殺方式、全相殺方式の中から選択します。

対象となる災害

風水害、干害、冷害、ひょう害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。
(栽培管理の不良などによる減収は災害とは見なされず、分割評価されます)

補償期間(責任期間)

発芽期(移植をする場合にあっては移植期)から収穫するまでの期間です。
※収穫期とはそれぞれのほ場から搬出する時までであり、通常のほ場乾燥を含みます。

補償内容

一筆方式
一筆(耕地)ごとの減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超えたときに共済金を支払います。
半相殺方式
被害耕地の減収量の合計が、その農家の基準収穫量の合計の2割を超えたときに共済金を支払います。
全相殺方式
農家ごとの収穫量(農協等への出荷数量)を基に、1割を超える減収があった場合、超えた部分(共済減収量)に対して共済金を支払います。
※なお、全相殺方式への加入は、ほぼ全量を過去一定年間(原則として5ヵ年)農協等へ出荷し、今後も出荷が確実な農家に限られます。

共済金額(補償額)

一筆方式
1kg当たりの価額に基準収穫量の7割(引受収量)を乗じて算出します。(半相殺方式は8割、全相殺方式は9割)
共済金額=1kg当たり共済金額×引受収量(基準収穫量×7割)

共済掛金

掛金の55%を国が負担します。
農家掛金=共済掛金-国庫負担額
(共済掛金=共済金額×共済掛金率)
(国庫負担額=掛金×国庫負担割合)
(共済掛金率は3年ごとに改定されます。)

共済金のお支払い

支払共済金=1kg当たり共済金額×共済減収量
(共済減収量=各引受方式の引受収量-収穫量)

ページ上部へ戻る