果樹共済

加入できる果樹

ぶどう・もも

加入資格

半相殺減収総合一般方式・短縮方式
ぶどう・ももの共済目的の種類等ごとに5アール以上を栽培する農家で全園地加入が条件です。
樹園地減収総合一般方式
同上
災害収入共済方式
上記に加え過去5年間に、生産量のほぼ全量をJA等へ出荷していることが条件です。

対象となる災害

風水害、ひょう害、干害、冷害、雪害その他気象上の原因による災害、火災、病害虫及び鳥獣害です。(風水害・雪害等によるぶどう棚等の施設の損害は対象になりません。また、栽培管理の不良などによる減収は災害とは見なされず、分割評価されます)

補償期間(責任期間)

一般方式・災害収入方式の場合
花芽の形成期から、その花芽の果実を翌年に収穫するまでの期間です。
短縮方式の場合
発芽期から、その年産の果実を収穫するまでの期間です。

補償内容

半相殺減収総合一般方式・短縮方式
農家ごと共済目的の種類等ごとの減収(基準収穫量の3割を超える減収)があった場合、損害割合に応じた共済金を支払います。
樹園地減収総合一般方式・短縮方式
農家ごと共済目的の種類等ごと樹園地ごとの減収(基準収穫量の4割を超える減収)があった場合、損害割合に応じた共済金を支払います。
災害収入共済方式
農家ごと共済目的の種類等ごとに対象となる災害によって収穫量(品質低下による減収換算後)が、基準収穫量を下回り、生産金額が基準生産金額の8割を下回った場合、減収に応じて共済金を支払います。

共済金額(半相殺減収総合一般方式・短縮方式の場合)

共済金額(補償額)=標準収穫金額(果実の単価額×平年収穫量×付保割合(5~7割))で算出します。

共済掛金

掛金の5割を国が負担します。
農家負担共済掛金=共済金額(補償額)×掛金率×1/2+事務費賦課金
防災施設を設置している場合は、共済掛金の割合制度があります。

防災施設割引

防災施設名割引率
ぶどう暴風ネット5%
防鳥ネット5%
多目的ネット10%
雨よけ施設30%
もも多目的ネット10%
暴風ネット5%
防霜ファン5%
防蛾灯5%

共済金の支払(半相殺減収総合一般方式の場合)

農家ごとに果実の減収量が基準収穫量の3割を超えたときに共済金が支払われます。
支払共済金=共済金額(補償額)×支払割合
損害割合に応じた支払割合を適用します。

損害割合(%)31405060708090100
支払割合(%)1142943577186100

ページ上部へ戻る